銀座の歯科医院アレーズ銀座歯科
歯のバンク / アレーズ銀座歯科
ご予約・お問い合わせ/アレーズ銀座歯科



歯のバンク/アレーズ銀座歯科

歯のバンク

未来のあなたの健康のために
歯の細胞バンクサービスが、はじまりました。

10年後のあなた、20年後のあなたの健康のお役に立ちたい。そういう発想から「歯のバンク」をはじめることにいたしました。

皆様、ご存知のように再生医療が日々すすんでおり、歯の中にあります歯の神経細胞(歯髄)による再生医療の実用化が可能となりました。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)という名称をテレビ等で耳にしたことがあると思いますが、2006年に山中伸弥教授(京都大学)らが、皮膚の細胞から作れる万能細胞を発見しました。このiPS細胞とは、ヒトの皮膚等から成長済みの細胞を取り出し、体の組織や臓器に成長する前の未熟な段階に戻す(細胞の初期化)ことにより、あらゆる細胞に変化する万能性をもたせたものです。

歯髄細胞の特徴として、歯という硬い組織に保護されているため、内部の細胞や遺伝子に傷つける物質ができにくいというiPS細胞としてはもってこいの構造をしています。今回岐阜大学の研究チームが歯髄細胞からiPS細胞を作ることに成功し、また抜いた歯から幹細胞を取り出して凍結保存しておくことにより、将来良質なiPS細胞を作れることも可能になり、広範囲の再生医療に応用されることが期待されています。


図.平成21年6月25日に文部科学省が公表したips細胞を用いた臨床研究の見通し



将来の自分のために自分の細胞を保管したいという方にとって、抜けそうな子供の歯(入歯)や親知らず、矯正治療前の歯の細胞は、皮膚等の他の臓器細胞と比較して体を傷つけることが少なく、比較的容易であり、将来を見据えた医療保険として優れた細胞です。

ご興味がある方は、アレーズ銀座歯科までお問い合わせください。