銀座の歯科医院アレーズ銀座歯科
インプラント / アレーズ銀座歯科
ご予約・お問い合わせ/アレーズ銀座歯科



インプラント
インプラント(人工歯根)−それは、現在における第3の永久歯−
インプラントが、あなたの食生活を豊かにします。

失った歯を取り戻すために…入れ歯?ブリッジ?インプラント?



入れ歯

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。残っている歯や粘膜を支えにして、取り外し式で床つきの歯を装着するものです。

入れ歯のメリット
安価である(材質によっては、保険が適用されます)
外科処置を必要としない
治療期間が短い

入れ歯のデメリット
残っている歯にクラスプという針金のようなものを掛けるため、咬み合わせの負担がその歯と粘膜にかかり、将来性を悪くする。
審美性が悪い(見た目が悪い)
咀嚼効率が悪い(天然歯や、インプラントの1/2?1/3)

入れ歯





ブリッジ

ブリッジとは、1本歯がなくなってしまったところを補う際に、両隣の歯を削って、連結した人工の歯で橋かけにするものです。

ブリッジのメリット
安価である(材質によっては、保険が適用されます)
外科処置を必要としない
治療期間が短い

ブリッジのデメリット
なくなった歯を補うために両隣の歯を大きく削らなければならない。
両方の2本の歯で、3本分の噛み合わせの負担で背負うため、両隣の歯も将来性を悪くする。
食事の時に、食べ物が詰まりやすくなる。

ブリッジ





インプラント

インプラントでは、歯がなくなった部分の骨に人工の歯根を埋入する治療方法です。見える部分の歯を失っても、根が残っていればさし歯で対応できますが、根を失った場合にはできません。その場合でもインプラントであれば、人工の根を再構築することが可能です。

インプラントのメリット
周りの歯を削らないで新たに歯を再現できる。
周りの歯に負担が増える事がないので、将来性は悪くない。
見た目上の仕上がりが自然。
自分の歯と変わらない感覚で咬むことができ、異物感が少ない。

インプラントのデメリット
外科的な処置を必要とする。
治療期間が伸びる。
保険が適用されない。

インプラント




インプラントについてより詳しくお知りになりたい方は、下記をクリック
インプラントTOP
歯が無くなったまま放置していると・・・詳細
失った歯を取り戻すために、、、入れ歯?ブリッジ?インプラント?詳細
その方の目的や治療期間に合わせてあらゆるインプラント治療法があります詳細
手術中の痛みに不安のある方へ(静脈内鎮静法)詳細
メスを使わずに、手術した当日に咬める、新しいインプラント治療(ノーベルガイド)詳細
骨の状態からインプラント治療が難しいと言われた方、あきらめないで下さい!詳細
正しいインプラント治療を行うための診査とは?詳細
前歯のインプラント治療は、歯科医師の知識と技術が重要となります詳細
手術中の滅菌について(院内感染の予防)詳細
インプラント治療を希望される方へ詳細
インプラントQ&A詳細
インプラント症例詳細

即日インプラント

インプラントTOP
歯が無くなると???
入れ歯?ブリッジ?インプラントの比較
目的に合わせたインプラント治療法
静脈内鎮静法とは?
切開しないで行える新しいインプラント治療法
全てのインプラント治療を可能にする再生医療
インプラント治療の診査
前歯のインプラント
手術中の滅菌システム
インプラント治療を希望される方へ
インプラントQ&A
インプラント症例

学術活動レポート

著書・論文紹介

メディア掲載

スマホサイト

審美歯科

矯正歯科専門サイト

HOME
クリニック案内
アクセス
スタッフ紹介

インプラント
インプラント治療例
一般歯科
歯周病
むし歯(虫歯)
マイクロスコープ治療
抜歯しない治療法
審美歯科
ホワイトニング
口臭
リップエステ
クリーニング
矯正歯科
インビザライン
予防歯科
ブライダル
エステティック
アンチエイジング
金属アレルギー
歯科人間ドック
歯のバンク

動画集
コンセプト
治療の流れ
料金表
お問い合わせ
リンク
求人・募集