銀座の歯科医院アレーズ銀座歯科
歯周病 / アレーズ銀座歯科
ご予約・お問い合わせ/アレーズ銀座歯科



歯周病治療/アレーズ銀座歯科

痛みの少ない歯周病治療
歯肉を切らない、内視鏡による治療
最新の歯周病治療


歯周ポケット内を可視化。
今まで見ることのできなかったポケット内の歯石の除去ができます。外科手術(歯肉を切る処置)の必要性を最小限にして体への負担を少なくした歯周治療が可能です。






特殊なファイバーを歯周ポケット内に挿入し、ポケット内を可視化。

ポケット内部の歯石を直接見ながら除去が可能となりました。





歯周病の原因は、細菌です。
その細菌たちの住処をプラークといいます。歯の周りのドロドロした汚れですね。お風呂のぬめりと同じ、いわゆる”バイオフィルム”です。
このぬめりと、唾液中のミネラル成分が結合してつくられるものが ”歯石” です。



盲目下での除石は
思っているよりも難しい。




歯石は厄介なことに、一度付着してしまったら歯磨きでとることはできません。また、歯石の表面はデコボコしており細菌の格好の住処となります。付着した細菌がさらに悪さをするわけです。したがって、歯石は除去する必要性があります。

除石は単純な治療ではありますが、盲目下でありますと、非常に難しい処置となります。浅い部分に歯石がついているのであれば、目視できるのですが、複雑な根面形態のうえ深いところに付着した歯石を除去することは容易ではありません。



ここにあるデータ(略式図)があります。
アメリカの歯周病専門医が盲目下で除石し、全体量から何%除去できたか集計したものです。



習熟者であっても37%が限界




上記にある通り、盲目下での除石では、ポケットが深くなればなるほど、除石率は落ちます。
熟練した術者であっても6mm以上のポケットでは37%が限界なのです。

歯石は少しでも取り残しがあれば、組織の理想的な治癒は見込めません。

したがって、完全に除石するために歯周外科という歯肉を切開し完全に剥離して歯石を可視化し、除石するという方法がここ数十年主流となっていました。




時代の流れは 「切らない」 へ

医科の世界は数十年も前から内視鏡という、開胸、開腹しなくとも中をみる術がありました。歯科の世界でもようやく、歯肉を開かなくとも歯周治療ができる時代が来たのです。事実として、世界の潮流は歯肉を開く治療から、開かない治療へと移行しています。



治癒能力の向上・骨再生能力の向上

その理由は開かない方が、患部に血餅が溜まりやすくなるため治癒力が向上し、患者負担も格段に少なくなるからです。まさにペリオスコーピーは画期的な治療法と言えるでしょう。










歯周病TOPへ戻る


前歯のインプラント

学術活動レポート

著書・論文紹介

メディア掲載

スマホサイト

審美歯科

矯正歯科専門サイト

HOME
クリニック案内
アクセス
スタッフ紹介

一般歯科
むし歯(虫歯)
歯を守る
歯周病
インプラント
審美歯科
セラミック
抜歯しない治療法
根管治療
マイクロスコープ治療
ホワイトニング
口臭
リップエステ
歯のクリーニング
矯正歯科
表側矯正
舌側矯正
マウスピース型
カスタムメイド矯正装置
小児矯正
予防歯科
ブライダル
エステティック
アンチエイジング
メタルフリー治療
歯科人間ドック
歯のバンク

動画集
コンセプト
治療の流れ
料金表
お問い合わせ
リンク
求人・募集




アレーズ銀座歯科
銀座からの地図 東京都中央区銀座5丁目5-16
銀座テーラービルディング7F
銀座より徒歩1分
有楽町より徒歩4分
新橋より徒歩12分
銀座シックスより
数寄屋橋より

ご予約、お問い合わせ
診療時間

2019年9月1日より診療時間が変更となります
詳しくはこちらをご覧ください